イベント情報

TEDxSapporoWoman 2015

はじめまして!

この度、さっぽろライフの方で執筆活動をすることになりました、Yuttanです!
普段は、クリエーターとして創作活動をしています。
合わせて僕のTwitter( @Yuttan0120 )などもチェックして頂ければ嬉しいです。
楽しい記事を書けるように頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

「TEDxSapporoWoman 2015」

さて、2015年5月30日に、「TEDxSapporoWoman 2015」が行われました。
僕は、裏方のスタッフとして参加していました。
今回は、その模様をレポートしたいと思います。
1432966378987

そもそも TEDとは

年に1回カナダのバンクーバーで行われる、世界的にも有名なスピーチカンファレンスです。
「ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)」というスローガンを抱えています。
そのスローガンを元にライセンスを受けたコミュニティーである「TEDx」は世界各地で行わけれています。

どのような人がスピーチを行っているのかというと…
学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なっています。

そして 今回は、「TEDxSapporo」の主催で、ICCにて「TEDxSapporoWoman 2015」が行われました。
「TEDWomen 2015」は、モントーレを中心に全世界237の都市で3日間 開催され、女性にフォーカスを当てたカンファレンスとなっています。

第一部

第一部は、モントーレより開催されています、「TEDWomen 2015」から配信されるライブ動画の視聴です。
人のスピーカーの内容は割愛させて頂きますが、スピーカーのお名前をご紹介致します。

ノニー・デ・ラ・ペーニャさん:バーチャルリアリティの第一人者
ラナ・エル・カリオウビ:感情分析専門家
クリスティーナ・マーカンド: 最高経営責任者(CEO)
ロビン・マーフィー: 災害ロボット工学者

第二部

第二部は、札幌のスピーカーによるスピーチです。
2人の方がプレゼンをされました。

早坂久美子さん

1432974433440
『9割破壊された街が楽しいと思える理由』
女川町の物産の販売を通して、被災地である宮城県女川(おながわ)町と北海道をつなげる活動をしていると言う彼女。
販売の経験など一度もなく、始めの頃は恥ずかしく思ったこともあったそうです。
しかし、「女川町のために頑張る。女川町のために、後悔はない。」と想うことで、恥ずかしさは消えたと言います。
まさに、彼女の女川町に対する愛ですね。
最終的に、活動を続けていくうちに、彼女は女川町の人と仲良くなれたと言います。
そして、彼女は女川町の人と仲良くなるための5つのポイントを挙げました。

  • 笑顔で近づく
  • 女川町の人を頼る
  • 女川町の人との共通点を探す
  • 聞き役に回ること
  • 時には喧嘩をすること

なるほど、と僕は想いました。
確かに、この5つのポイントは、人間関係を築く上で大切なことです。
僕も、なかなか実践することが難しいのですが、それを自然と実行できた彼女はすごいと思いました。
女川町の住民は、小中学生からお年寄りまで「何もなくなったから、なんでもできるね!なにしようか!?」と口にしていたそうです。
そんなポジティブな女川町の言葉に彼女は「支援するためには、間に立つ人が必要」だと考えたことから、活動を始めたと言います。
– 発想の転換 –
だからこそ、大きな夢(野望)を持って、活動できる。
僕も、何か新しい活動を始める時は、野望を持って活動を始めます。
彼女の野望に対するチャレンジ精神は、どこか僕との共通点を感じました。

山田もと子さん

1432976108259
「福祉はおもしろい!」
スピーチが始まるとすぐに 彼女は、「”福祉”と聞いて、どう思いますか?」と問いかけました。
正直なところ、僕は”福祉”に対して堅苦しいイメージがありました。
彼女は、テレビディレクターとして、福祉を取材している方だそうです。
福祉の経験など一度もなかった彼女は、27歳の時にNHKで福祉リポーターとして取材を開始したと言います。
そして、「福祉は倫理ではなく、論理・本質」ということに気づき、「毎日の生活の延長線上にあるもの」だと分かったそうです。
その後、彼女はUHBで番組企画「石井ちゃんとゆく!」を提案しました。
「楽しく、分かりやすく、一口サイズ(2分の番組)」ということを心がけたそうです。
確かに、一般人に馴染みにくい”福祉”は、すんなりイメージが入ってこなければいけませんしね。
「健常者は100%のバリアフリー化を目指すが、手を差し伸べて人を置き去りにしないこと方が大切」と彼女は言います。
困っている人がいたら、「お手伝いしましょうか?」と言うのが先か?困っている人が「SOS」を出すのが先か?
例え大丈夫であっても、「お手伝いしましょうか?」と言われて嫌な気持ちをする人はいないはずです。
むしろ、いい気持ちがすると思います。
アスファルトやコンクリートに囲まれた都会では、人の心遣いは少し忘れられたことですよね。
僕の仕事で当たり前になっているインターネットやテクノロジーにだって、「心」があってこそ成り立つものなのですから、同じことが言えるように思えます。
最後に、福祉に対する壁は、壁に隙間を作って覗いてみることから始めてみるのが良いと言います。
そして、その覗いた穴から…だんだん壁がなくなっていく。
「学ぶこと」から始めてみませんか?
人の心の暖かさについて、改めて感じました。

レセプション

スピーカーによるスピーチの終了後には、レセプションが行われました。
簡単に言えば、交流会。
飲み物や食べ物が出されましたよー(笑)
そして、スピーカーによるアイディアを聞いた後に、色んな人と語り合うのは格別なものでした。
もちろん、TEDに関する話だけでなく、自分の仕事の話などもしたり。
ネットで情報を得たら、コメントをして共有する機能があります。
でも、TEDのレセプションは、現実世界だからできることであり、ネットとは全く違うものですね。
おかげで 僕も、色んな人脈が広がりました!

感想

今回の記事ではあまり触れませんでしたが、朝から晩まで設営やら仕事やらで、かなり疲れました(汗)
自宅に帰ってきた頃には、腰に激痛が走ってました。
歳のせいでしょうかね(笑)
でも、得たものは大きかったので、とても良かったと感じています。
インターネットの情報に溢れている今だからこそ、リアルで受ける情報も大切なのだと思いました。
次回は、今年の7月に北翔大学で行われるようです。
時間が合えば参加したいと考えています。
とてもオススメできるイベントなので、みなさんも参加してみてはいかがでしょうか。

参考

TED (カンファレンス) – Wikipedia
ICC -インタークロス・クリエイティブ・センター
TEDxSapporo

関連記事

  1. 西13丁目にあるおすすめの中華料理店【御舟】
  2. 札幌の公共施設 身近でイベントが開ける「プラザ新琴似」
  3. 【イベント告知】札幌アースデイ自転車ライド2015の参加者募集
  4. 【9月23日】美味しい出店、楽しい催事、りんごの無料配布も★第1…
  5. 子育て情報専門ライター募集!
  6. 開催間近!!6月7日タップダンスワークショップ!
  7. 【10月28日(水)~12月16日(水)】はじめての女性のための…
  8. リーズナブルでボリューム満点!札幌市交通局食堂

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

さっぽろライフTwitter

最近の投稿

PAGE TOP